STRANGER

関西在住のカメラ好きです。日々、好きなもの、気になるもの等を色々と書き綴っております。

ボケフィルターの作成

以前より、Instagram等のSNSを中心にオリジナルのボケフィルターを使った、面白い写真を撮られる方が増えていますね。

 

その流れに乗って(後れ馳せながら?)、私も「(取り敢えず簡単なモノからでも)オリジナルのボケフィルター作成してみようかな?」と思い、100均に材料の調達に行って参りました!

 

因みに、「そんなの作成するのが面倒!」という方には、下記の様に製品化されたものがありますので、それを試してみるのも面白いかと思います。

※各自の環境で使用可能かどうかは、予め確認してください。

 

さて、私の場合、カメラは富士フイルムのX-T2にXF16-55 F2.8の組み合わせを最も利用しておるのですが、コレに組み合わせるボケフィルター作成が案外難しくて、上手くいかず四苦八苦しました。(単に私が不器用なのか?)

 

 

試行錯誤しながらネットでも調べてみると、下記のStudio9が分かり易く解説されたサイトがありましたので、そちらを参考に作成されると良いかも知れませんね。

 

自作ボケフィルターでハートや星形のイルミネーションを撮影してみよう![自作キット配布] | studio9

 

さてさて、参考サイトを見ながら自らの環境を整備すると…どうやら、ボケの形となるデザインを1.5cm程度に納めると良いらしい…です。

目安となるサイズの算出方法は、

レンズの焦点距離(mm)÷解放F値×0.8

と、なる様です。

これを目安として、黒い厚紙にサークルカッターでフィルターサイズの台紙をカット、その後、ボケさせたい形を1.5cm程度の枠内で作成しました。

フルサイズ機種やボケ量の大きなレンズ(F値の低い)を使っておられる程、ボケのデザインが大きく描けるので楽だと思います。

要は、普段から良くボケる環境で撮影されている方程、オリジナルのボケフィルターは作成し易いという事ですね。

私が、作ったボケフィルターはこちらになります。

※これ以前に何度となく失敗作を大量生産しとります(苦笑)

 

まぁ…今回作成した、フィルターを使って、取り敢えず、屋内で撮影テストしてみると…

 

f:id:redsuns13137:20180209150501j:imagef:id:redsuns13137:20180209150506j:image

 

・・・おぉ!?まぁまぁな奇麗にボケの形が変化している感じゃないですか?

コレで、夜のスナップ撮影における楽しみが、また1つ増えました。

もう何パターンかのデザインを作ってみて、写真撮りに出掛けてみたいと思います。

 

あぁ…ソフトボックスを入れる巾着を作らないといけないのだった…すっかり忘れていた(@@;)

ソフトボックスに付属してくる収納ケースって、本当にジッパー周りとかが弱くて、良く壊れますよね。

メーカー様のお心遣いなので、文句は言いませんが、もう少し丈夫なケースを作ってくれると有難いと思います。

勿論、お値段は据え置きで…(笑)

 

 

さて、最後に…

オリジナルで何かを作成する事は楽しく、新しい表現が出来るのも楽しいですよね。

何より、楽しみながら写真撮影が出来るのが1番です。

また、いずれInstagramにでも、オリジナルボケフィルターの写真投稿(結果報告?)しておきます。

 

ではでは…

 

広告を非表示にする