STRANGER

関西在住のカメラ好きです。日々、好きなもの、気になるもの等を色々と書き綴っております。

ステーショナリーについて

どうも、管理人のTaka.M(@KING_ROCK_HIM)です。

先日もステーショナリーについて書かせて頂きましたが、今回は万年筆のインクを詰め替えた...って話しです。
stranger911.hatenablog.com
前回の内容が、かなり雑多になり、話しにまとまりが無さ過ぎたと感じたので、今回は主に万年筆のインクの話しになります。

私の好きなインク


私が少なからず所有しているインクで、特に好んで使っているインクに、ナガサワ文具のオリジナルインクとなる"Kobe INK物語"シリーズがあります。
その中でも摩耶ラピスというブルー系の色が好きで良く使っております。

愛用しているPelikan(ペリカン)スーベレーン M800には、基本的に このインクがセットされているのが、私の標準仕様です。

ブルーブラック系統のインクを元々使う事が多かったのですが、摩耶ラピスを入手してからは、少し明るめの発色にはなりますが、気に入って使っている今日この頃です。
(今日この頃と言う程、最近の話題ではなく、かなり以前から使っているんですけどねw)

その他にも東亜ブラック、住吉ブラウン等を所有しており、こちらはLAMY サファリシリーズ等の他の万年筆に入れて使っている事が多いです。

今までのナガサワ文具のオリジナルインクとは異なり、PILOTの"色彩雫(いろしずく)"シリーズのインクになりますが、コレも私が好きなシリーズでして、その中の冬柿という色が好きで使っていますね。

携帯用に小瓶に詰め替えました


まぁ、そんな感じで好きなインクなので、持ち歩き用に小瓶に詰め替えないと、持ち歩くのは難しいんですね。
そんな訳で、近所の100均に行ってシリンジ(シリマー)を買ってきて、無印良品の小瓶に移し変えました。
無印良品の小瓶には、元々が女性の化粧水やらを入れて使う用途になる関係で、内蓋キャップがついているのですが、私は、万年筆のインクボトルとして使うので、この内蓋キャップが不要なので、コレを外すのですが...外す際に爪が割れました(苦笑)
私の爪が栄養不足なのか、不健康なのか、直ぐに割れたり、欠けたりするんですよね。
(なので、内蓋キャップはペンチで開けました)

ガラスの小瓶も雰囲気があって好きなのですが、割れてしまうのが怖いので、PET小分けボトルにしました。
(何気に優秀なPET小分けボトルです)

www.muji.net

小瓶自体の重さも軽いので持ち運びに便利ですね。
コレを普段から小分けケース(ポーチ)の中に入れておけば、出先での執筆時にもインク切れを気にせず万年筆を使えます。

わざわざ小分けにするのは面倒...


わざわざ小分けにするのが面倒な方には、PILOTから小さなガラス製のお洒落な小瓶で色彩雫シリーズの3色が予めセットになっているものが販売されています。
色彩雫の発色そのものを試したい場合、或いは贈り物等にも最適な商品かも知れませんね。

パイロット 万年筆インキ ミニ iroshizuku 3色セットA

パイロット 万年筆インキ ミニ iroshizuku 3色セットA

パイロット 万年筆インキ iroshizuku 3色セットB

パイロット 万年筆インキ iroshizuku 3色セットB

パイロット 万年筆インキ ミニ iroshizuku 3色セットC

パイロット 万年筆インキ ミニ iroshizuku 3色セットC

パイロット万年筆インキ iroshizuku mini 15ml 9色セット ink-15-3c

パイロット万年筆インキ iroshizuku mini 15ml 9色セット ink-15-3c

好きな時に好きなモノで過ごす


こうやって、好きなモノを持ち歩ける環境を整えていけば、好きな時に好きなモノを使って過ごせる機会が増えますね。
お気に入りのアイテムで、短い時間でも過ごせる事は、自分にもアイテムにも大切な事なのだと思います。
なので、使う機会を増やす為の環境づくりは大切だな...と、改めて感じるTaka.Mでした。

広告を非表示にする