STRANGER

関西在住のカメラ好きです。日々、好きなもの、気になるもの等を色々と書き綴っております。

桜を撮ってきました

お久し振りです、Taka.Mです。

皆さん、体調は如何でしょうか?
私もですが、花粉症の方は辛い思いをされている時期かも知れません。
季節柄、気温変化も激しくて、身体がついていかず、しんどい思いをされている方もおられるかも知れませんね。
皆さん、体調を崩されない様に、春を感じて頂けると良いな...と思っておりますよ。

流石に本州の方は、すっかり桜の時期も終わりに近づき、天候も一層春らしくなってきましたね。
まだ一部、標高の高い場所等では桜が見られる場所もある様ですので、これから花見という方もおられるんではないでしょうか。
北の方は、まだまだ開花すらしていないみたいで、GW辺りが開花になる様ですね。

まぁ、そんな中で、久々に佐保川沿いを歩いてみたのですが、昔より小綺麗になった様な印象でしたね。
BBQをやっておられるのも見掛けましたが、あれって許可が要らないんですかね?
私は良く知らないんですけど、ちゃんとゴミ等を片付ける等していただいて、綺麗な桜並木が守られていけば良いですね。

さて、桜シーズン真っ盛りの頃は、あらゆるSNSで桜の写真を拝見する機会がありましたので、皆さん、お腹いっぱい感があったかも知れませんね。(苦笑)
まぁ...だからと言う訳ではありませんが、少し時期を遅らせて、ちょくちょくアップさせていただこうかな...と、いうところです。
しかし、なかなか桜を被写体にするのは難しいものですね。
桜の写真といっても、皆さん、それぞれの思い描く桜がある様なのですが、私は、目で見たままの印象に近づけられたら良いかな...という感じでやっております。
まぁ...それが、なかなか難しくもあり、どこに仕上げを合わせていくのかが、毎度の事ながら、桜写真の話題にもなっていますよね。

うだうだと長い前置きは、この辺にして、サラサラと写真をアップしていきます。

X-H1とX-T2

今年は、久々に奈良県の佐保川沿いを散策してきました。
佐保川沿いの両側から桜並木が続いており、桜のトンネルの様になっている部分や、緩やかな川の流れに桜の花びらが舞う、美しい光景を見ることができました。
この桜並木の中で結婚式の前撮り撮影をされているシーンも見掛けました、白いウェディングドレスに桜と、ピシッと決まった新郎...なかなか良いものです。
今回もカメラは勿論、愛機であるFUJIFILM X-T2です。

ここで少しだけカメラの事に関して、個人的な話しをさせて貰うと、最近、X-H1が販売された事により、X-T2の立ち位置が微妙...的なレビューを良く見掛けます。
既に個々のカメラに関しては、詳細にレビューされている記事も多数アップされているので、皆さんも良くご存知の事と思います。

個人的には、X-H1は確かに素晴らしい機種だとは思いますが、X-T2を自分的に納得して買った経緯と、今尚、コンパクトさや操作系の好みは、X-H1よりもX-T2です。(X-Pro系は、また別です。あれは憧れです。)
FUJIFILM的には、X-H1を映像に特化させた機種という位置付けにされている様ですね。
GFXは中判機なので、Xシリーズとは立ち位置が違いますが。
X-H1は、GFXの弟分的な印象を受けました。
なので、他のXシリーズとは少し違う機種なのかな...という感じ。
まぁ、色々と開発秘話やらも読ませて貰ったりしましたが、Xのラインナップに並べてくるのは、どうなのかな?と言うのが、今のところの感想です。
X-H1を所持して使ってる訳でもありませんし、購入の予定がある訳でもありませんけどね。(苦笑)

佐保川の桜

さて、今回は、機種の小難しい話しは、さて置き。
ざっと撮影してきた、桜の写真をサラサラ〜と、アップしてみたいと思います。



こっちの方が、個人的に しっくりくる感じだったので、少しアンダー気味の仕上げにしてみました。


今回の撮影に使ったレンズは、Carl Zeiss Planar 50mmとHELIOS44-2がメインでした。
どちらも桜の淡い色合いを見事に拾い上げてくれていました。
ブログに載せている写真では、サイズが小さいので、細かなところまでは見えないかも知れませんが、○○写真部的な盛り過ぎ感のある感じではなく、個人的には好きかな?ってくらいの、丁度良い具合の本来の桜色が出ていて良かったです。
別に、○○写真部的な写真が悪いと言うと意味ではありませんので、悪しからず...。

RAW現像していると、フジノンレンズよりも、色味が少し こってり気味に乗る様な印象もありましたが、嫌みな感じの色乗りでは無かったので良かったです。












雑感

さて、今回は、サラサラと「こんなの撮れましたよ〜...」って感じで写真をアップしてみました。
桜を撮影出来る期間は短めな事もあり、毎年、何かしらの形で撮りには行くものの、毎回、構図やらを含めて、桜の撮り方は悩みますね。

久々に佐保川沿いの桜並木を散策してみましたが、天候にも恵まれて本当に良かったです。
陽射しが強く、かなり影が出来るので、本来であれば、少し曇りぐらいの方が、写真撮影向きで良い気もしますが、コレはコレで色々と勉強になりました。
どうやって撮れば、より良い自分好みの(自分らしい)写真が撮れるだろう?と、何カットも構図を少しずつ変えながら、試行錯誤して悩みがら撮るのは楽しいものですね。

ではでは...

広告を非表示にする